DIGS-1094

みな殺しの拳銃.jpg

¥4,180
(本体¥3,800)

みな殺しの拳銃

「皆殺し」をテーマとした、掛値なしのハードボイルド・アクション『みな殺しの拳銃』

◎ハードボイルド&スタイリッシュ!モノクロームの世界を血で真っ赤に染める日活殲滅アクション超特作が遂に日本初DVD化!「皆殺し」をテーマとした、掛値なしのハードボイルド・アクション!
◎巨大な組織に牙をむく三兄弟の挽歌――。宍戸錠、藤竜也、岡崎二朗を主演に迎え、日活アクションの名手・長谷部安春がハードボイルドを極め、血みどろの抗争劇をモノクロームの映像でスタイリッシュに活写する。エースのジョーによる超絶ガンさばき、ダンプガイ二谷英明との対決も見どころ。
◎1967年製・宍戸錠ハードボイルド三部作、『殺しの烙印』『拳銃は俺のパスポート』に次ぐ『みな殺しの拳銃』がついにDVD化。小林旭主演の『俺にさわると危ないぜ』(66年)でデビューし、3本目の監督作となる長谷部安春がこだわりのダンディズムをクールに貫き、銃を手にした“男と男の戦い”と“男たちの別れ”を徹底して描く。寡黙な錠とは対象的な藤竜也の血気、岡崎二朗の哀切も絶妙だ。全編にジャズとブルースが流れ(音楽:山本直純)、非情の展開にキメッキメのキザなセリフが飛び交い、神田隆、高品格、深江章喜と悪役陣の濃い存在感もハードな世界を引き立てる。
◎監督の長谷部安春は“藤井鷹史”名義で中西隆三とともに脚本を執筆、シネスコの構図と陰影を生かした永塚一栄のカメラワークも長谷部ワールドの構築を支えている。クライマックスでは建設中の東名高速道路という珍しいロケーションを生かした、あの手この手のリアルな銃撃戦が繰り広げられる。



※原盤の状態により見づらい部分、聞きづらい部分があることをあらかじめご了承ください。

■DVD版の予告編は こちら





DVD特典
映像特典:劇場用予告編+オリジナルポスター画像
封入特典:プレスシート縮尺再編集版(日本語版・英語版)

【スタッフ】
監督:長谷部安春/脚本:中西隆三、藤井鷹史(長谷部安春)/企画:浅田健三
撮影:永塚一栄/美術:木村威夫
音楽:山本直純/主題歌「小さな酒場のブルース」「ホリー・ローリング」(歌:ケン・サンダース)

【キャスト】
宍戸錠、二谷英明、山本陽子、岡崎二朗、藤竜也、沢たまき、高品格、藤岡重慶

公開年度:1967年/本編89分

©日活株式会社