HOME > Title > 十九歳の地図

©プロダクション群狼

DIGS-1006

19sai_jct.jpg

吉岡まさる十九歳は、地方から上京してきて新聞配達をしながら予備校に通っている。単調で退屈な肉体労働、集金に行けばどの家からも疎まれる日々。吉岡は密かに配達区域の地図を作っている。地図には配達先の家々の名前とそれぞれの不満度を×印で書き込む。そして、それぞれの家にいたずら電話をかけていく日々。そんな吉岡の部屋にはホラ吹きで常に金が無く、頻繁に同僚に借金をしている同僚の中年男、紺野が同居している。反吐が出るような男だが、どうにも気になる存在でもある。その後、紺野の愛人「かさぶたのマリア」との出会いや暗く絡み合う人間関係の中、吉岡の行動、感情はより鬱屈としていく・・・


原作は芥川賞受賞の文豪、中上健次の同名小説。それまでも幾多の監督が映画化を試みたが、この作品の持つ“毒性”の強さゆえ、なかなか実現しなかった幻の企画を柳町監督が監督2作目ながら見事に成功させた。主人公の吉岡まさるを演じた本間優二は柳町監督デビュー作『ゴッド・スピード・ユー!BLACK EMPEROR』でブラックエンペラー会長として映された青年。既成の役者には出来ない自由な新しいタイプの若者像を見事に表現している。


作品一覧へ

[スタッフ]
監督・脚本:柳町光男
原作:中上健次
撮影:榊原勝巳
音楽:板橋文夫
照明:加藤勉
美術:大谷和正
[キャスト]
本間優二、蟹江敬三、沖山秀子、原知佐子、白川和子、中島葵、竹田かほり、
山谷初男、柳家小三治、中丸忠雄、楠侑子、清川虹子、友部正人


作品一覧へ