HOME > Title > 愛について、東京

©「愛について、東京」製作委員会

DIGS-1003

ainituite_jct.jpg

現代の東京。郊外のと畜場で働きながら日本語学校に通う北京からの就学生・方純は、ホストクラブで働く仲間の潘小毛といかさまパチンコで儲けた金で日本料理屋で豪遊、そこで働く中国人少女・アイリンと知り合う。日本生まれ中国語が話せない彼女は、上海にいる祖父母を訪ねるのが夢だった。ある時、方純は再びいかさまパチンコを働くが、その不正を元やくざの店長・遠藤に捕まり10万円払うよう要求される。どうしても払えない方純に遠藤は金の代わりにアイリンの紹介を強要し、方純もその条件を飲むのだが・・・


『ゴッド・スピード・ユー!BLACK EMPEROR.』、『十九歳の地図』、『さらば愛しき大地』、『火まつり』と厳しく人間の本質を描き続けた柳町光男が、東京で暮らす中国人留学生の生活ぶりに興味を持ち、一気にシナリオを書き上げて製作された問題作。主人公の方純を演じるのは中国で歌手の経験もあり、たまたま留学生として日本にいる際にオーディションで合格したウー・シャオトン。アイリン役には映画初出演にして大胆に肢体も見せる岡坂あすか(現・黒沢あすか)、ヤクザの遠藤役を藤岡弘、が独特の迫力で演じる。撮影は「泥の河」の安藤庄平、美術監督は名匠木村威夫が担当している。


[スタッフ]
監督・脚本: 柳町光男
製作総指揮:田中穣、萩野正昭
撮影:安藤庄平
美術監督:木村威夫
美術:竹内公一
音楽:立川直樹
音楽:溝口肇
[キャスト]
ウー・シャオトン、岡坂あすか(現 黒沢あすか)、戸川純、
今井雅之、浜田晃、渡辺哲、ガダルカナル・タカ、宮下順子、藤岡弘、


作品一覧へ