HOME > Title > 生きてみたいもう一度 新宿バス放火事件

© TBS 東北新社

RFD-1148

ikitemitai_jct.jpg

1980年8月19日夜、新宿西口バスターミナルで帰宅客を乗せたバスが浮浪者、丸山博文に放火された。燃え盛る炎の中、不倫や不倫相手のための金策等で疲れきっていた美津子は一瞬「自殺」といった考えが頭をよぎり、バスから逃げ出すタイミングが遅くなり、絶望的な重症を負ってしまう。そこから長い期間をかけての入院、植皮手術、リハビリ・・・苦悶の日々が続くのであった。徐々に回復に向かってきた頃、美津子の不倫相手、杉原荘六の妻が癌で死亡した。荘六はあらためて美津子にプロポーズし、同居生活が始まるが、荘六の借金は限界に達しており、二人は心中を決意し東尋坊へと旅に出る。だが、かけつけた知人達の必死の説得で、「生きてみたいもう一度」という思いを取り戻す。その一方で、美津子は犯人の丸山に対し手紙を書き続け、自分が丸山を恨んではいないこと、赦すこと、強く生きてほしいことを伝えるのであった。


初DVD化!映画復刻レーベル「DIG」第2シリーズ、第3弾!
1980年年8月19日に起きた衝撃の事件《新宿駅西口バス放火事件》で九死に一生を­得た女性による同名手記を実力派監督、恩地日出夫が映画化した傑作が初DVD化!業火の中、運命を分けた一瞬の戸惑い・・・それは女としての逡巡。
セル盤には恩地日出夫監督最新インタビュー記事付。


[スタッフ]
原作:杉原美津子
監督:恩地日出夫
脚本:恩地日出夫・渡辺寿・中岡京平
[キャスト]
主演:桃­井かおり
石橋蓮司、初井言栄、岸部一徳、高沢順子、
原田大二郎、佐藤慶、柄本明


作品一覧へ