HOME > Title > 鉄輪

© 近代映画協会

RFD-1136

kanawa_jct.psd

貴船神社の丑三つ時、嫉妬に燃える中年女が藁人形へ五寸釘を打つ・・・・古代、十一世紀。几帳の中で熱い抱擁を交わしている男女、中年女の夫と愛人の若い女である。突然、女が身悶え苦しむ。五寸釘の呪いだ。現代、執拗に繰り返される男女の情交、古代の男女と同じだ。電話のベルがけたたましく鳴る。電話をとっても無言である。電話は切っても切っても繰り返される。永遠と終わらないように。そして今宵も五寸釘を打つ音がこだまする・・・


世界初ソフト化!新藤兼人監督の初カラー作品。若い女(フラワー・メグ)に溺れ、妻(乙羽信子)に離婚を切り出す夫。能の演目「鉄輪」をもとに、平安時代の物語と現代のドラマを交錯させながら、嫉妬のテーマを浮かび上がらせる。フラワー・メグの局部をボカシ無し、計算し尽くされた絶妙なカメラワークで撮影した本作は「新藤監督から映倫への挑発だ」と言われるほどの過激&実験作。


★セルDVDのみフラワー・メグインタビュー掲載特製ブックレット付(インタビュー:真魚八重子)


[スタッフ]
監督・脚本:新藤兼人
音楽:林光
[キャスト]
乙羽信子、観世栄夫、フラワー・メグ、中村門、原田大二郎、戸浦六宏、殿山泰司、他


作品一覧へ