HOME > Title > さらば映画の友よ

DIGS-1074

さらば映画の友よ表1-DIG1074_DVD_hyo1.jpg

¥3,800(税抜)

さらば映画の友よ
インディアンサマー

日本映画界に欠かすことのできない名監督 原田眞人(『燃えよ剣』、『クライマーズ・ハイ』)が
映画を愛するすべての人に贈る映画愛が満載のデビュー作が待望の初DVD化!


■DVD版の予告編は こちら



多くの映画ファンが長年DVD化を熱望し、DIGレーベルにも多くのDVDリクエストが寄せられていた
幻の傑作を原田眞人監督監修のもとDVD化。



※本作は原田眞人監督監修のもと、
原版素材として現存する上映用フィルムを使用しDVD化いたしました。
一部、原版に起因する映像・音声の不良に関しましてはあらかじめご了承ください。

【DVD特典】
 縮尺再編集版劇場用パンフレット

シューマは沼津に住む浪人生。受験のことよりも映画館に通うことと早く童貞を捨てることだけに心をくだいているような十九歳。そんな彼が「俺の人生の目的は1年365本の映画を見ること。それを20年続けること」とうそぶく奇妙な中年男ダンさんと出会い、またたく間に意気投合する。ダンさんの映画狂ぶりはケタはずれ。次から次に名作映画のセリフが飛び出すかと思えば、突如ハンフリーボガードになったり、「雨に唄えば」を踊り出してうっとりしてしまう。二人の珍妙な友情はいつまでも続くかと思われたが、シューマが美少女ミナミに恋をしたことからギクシャクしはじめ、そして、ダンさんとシューマに決定的な一日が訪れるのだ・・・・・。

「劣化した上映プリントをここまでオリジナルに近い形で
復元してもらえて感謝!」(原田眞人)

●映画が好きで好きでたまんなかったあいつ、スクリーンの中で死んじまったよ! (公開時の惹句より)
●映画もまた確かな人生のひとつなのだ!
●スクリーンと現実を同時に生きた男。映画を愛し、愛するあまり映画そのものだった男。そんな男のアナーキーな生きざまのおかしさと哀しみが、1960年代の青春風景の中で、いわば“ジャパニーズ・グラフティ”とでもいったタッチで描かれる。
●1970年代、アメリカで映画評論活動を行っていた原田眞人はハワード・ホークス監督の訃報を受け、彼に捧げる映画を!と本作のシナリオ執筆を開始する。監督の頭の中にはすでに川谷拓三を想定して書き進めていったという。原田眞人29歳、川谷拓三37歳、二人の映画狂が貯めこんだ映画愛を出し合いながらこの映画は完成した。篇中に散りばめられた名作映画のエッセンスをご堪能あれ!
●デビュー作にして川谷拓三、、浅野温子、鈴木ヒロミツ、トビー門口、石橋蓮司、室田日出男、原田芳雄、石上 三登志(!)、宇崎竜童(音楽)、長谷川元吉(撮影)、崔洋一(助監督)ら豪華&ツボをついた出演者・スタッフ!特にガンアクションのパイオニア、トビー門口が歌声を披露し、銃器指導も兼任している点は特筆もの!
●物語の舞台は1968年秋から1969年にかけて。“3億円事件”“東大闘争”・・・といったニュースが街を駆け抜けていた頃。物語を彩るのは宇崎竜童選曲による日本のオールディーズソングたち。「ジャパニーズ・グラフティ」と思わず呼んでみたくなる!「廃墟の鳩」(ザ・タイガース)、「おかあさん」(ザ・テンプターズ)、「愛する君に」(ザ・ゴールデンカップス)、「ブルーライ・トヨコハマ」(いしだあゆみ)、「恋の季節」(ピンキーとキラーズ)、「グッドナイト・ベイビー」(キングトーンズ)、。「あの時君は若かった」(ザ・スパイダース)
(公開日1979年5月26日/配給:日本ヘラルド)



【スタッフ】
監督・脚本:原田眞人(旧表記「真人」)
撮影:長谷川元吉
音楽:宇崎竜童
製作:磯田秀人
助監督:崔洋一

【キャスト】
川谷拓三
重田尚彦
浅野温子
鈴木ヒロミツ
トビー門口
山口美也子、小杉勇二、石橋蓮司、室田日出男、原田芳雄

©1979 KittyFilm Inc.

作品一覧へ