HOME > Title > 千羽づる

DIGS-1073

jacket-DIGS1073_DVD_jacket.jpg

¥3,800(税抜)

劇映画 沖縄

1945年8月6日、
広島に原爆が投下されたあの日から75年--
幼くして亡くなった少女が折った鶴は世界的な平和運動へと羽ばたいていく。
平和の尊さ、原爆の悲惨さを伝え続ける良作が初DVD化。

■DVD版の予告編は こちら



〈第一部 一坪たりともわたすまい〉と〈第二部 怒りの島〉を1枚のDVDに収録



【DVD特典】
 縮尺再編集版劇場用パンフレット

昭和29年4月、広島。佐々木禎子(さだこ)は小学6年生になった。活発で心の優しい禎子は友達も多くスポーツも得意で楽しい学校生活を送っていた。秋の終り、禎子は体調を崩すがなかなか回復しない。ABCC(原爆傷害調査委員会)の検査を受けた結果、被爆が原因の白血病であることがわかった。禎子が2歳の時、広島に原爆が投下され彼女は爆心地から2キロ離れた所で黒い雨を浴びていたのだった。明るく元気な少女は一転して余命いくばくもない原爆症患者となってしまった。それでも彼女は持ち前の明るさで元気にふるまい、病院では人気者になるが、徐々に病が彼女の体をむしばんでいく。相部屋となった由起子から鶴の折り方を教わって以来、禎子は自分の回復を祈りひたすら鶴を折っていく。折り鶴が増えていくのに合わせるように増える白血球・・・それでもあきらめずに彼女は一心に鶴を折っていく。その折り鶴がやがて世界的な平和運動となることを彼女は知ることはなかった・・・

◎幼くして被爆した少女の短い生涯と人生を映画化した涙の傑作。監督は「ふるさと」「ハチ公物語」の神山征二郎。主人公の両親を映画史きっての名夫婦“さくらと博”を演じた倍賞千恵子と前田吟が演じる他、篠田三郎、殿山泰司、樋浦勉、田村高廣ら実力派が本作を支える。
◎12年の短い生涯の中、最後まで生きる希望を捨てず、戦争の悲惨さを訴え続けた彼女の姿は後に「原爆の子の像」のモデルとなる。彼女の生きざまと魂のメッセージは外国人ジャーナリストにより世界に紹介され、「サダコの物語」として多くの国の人々に読まれ、原爆の悲惨さと平和の尊さが語り継がれている。
◎ドイツのメタルバンド“ヘヴン・シャル・バーン”はサダコと折り鶴の話にインスパイアされた楽曲「Passage of the Crane(鶴の通り道)」(2016)を発表、スペインのメタルバンド“Niobeth”は「Sadako's Wings of Hope(サダコの希望の翼)」(2011)という楽曲を発表し人気を博している。
◎2019年5月、にハリウッドでサダコのストーリーを『One Thousand Paper Cranes』のタイトルで映画化することが発表された(出演:エヴァン・レイチェル・ウッド、ジム・スタージェス、寺島しのぶ他)。



【スタッフ】
監督:神山征二郎
製作:野原嘉一郎、神山征二郎
原作:手島悠介
脚本:松田昭三、神山征二郎
撮影:南文憲
音楽:針生正男

【キャスト】
倍賞千恵子、広瀬珠実、前田吟、石野真子
岩崎ひろみ、篠田三郎、殿山泰司、樋浦勉
田村高廣、日色ともゑ(ナレーター)

©共同映画全国系列会議

作品一覧へ