HOME > Title > 狂熱の果て

DIGS-1072

狂熱の果てジャケ写表1DIG1072_DVD_hyo1.jpg

¥3,800(税抜)

狂熱の果て

◎安保闘争後の空虚な時代、JAZZ、車、酒、セックス、暴力に溺れる通称“六本木族”の若者達を斬新かつ過剰な演出で描破した和製ヌーヴェルヴァーグの逸品。異常なまでの退廃、狂気、虚無感が作品を包み込む。


■DVD版の予告編は こちら



「幻の映画」と呼ばれた奇跡のヌーヴェルヴァーグ作品が
遂にオリジナルネガスキャンテレシネ・ニューマスターで遂に甦る!
“狂”うほどの情“熱”から抜けられない若者のあがきとその熱から冷めた若者が見つめる先にあるものとは――



【DVD特典】
●劇場用オリジナル予告編
●2019年2月・シネマヴェーラでのトークショー映像(登壇者:山際永三、藤木孝、星輝美/25分)
●『炎1960~1970』(1968年/監督:山際永三/音:小杉武久、大野松雄/1993年山形ドキュメンタリー映画祭出品/安保闘争での樺美智子の死に感化されて制作された実験映画)。

高校生のミチとアキ子は終夜営業のレストラン〈六本木〉で大企業の御曹司である健次やトランペッターの陽二達と知り合う。ミチの父は元戦犯で今は病床にあったが、同じ戦犯で絞首刑になった北の遺児茂を引取って健次と同じ大学に通わせていた。茂はミチの母と関係を結んでいたが、彼はミチにも欲情の眼を向ける。
こうした歪んだ環境への反抗からミチは健次をリーダーとする六本木族と呼ばれるグループに加わるようになる。ある日ミチの父がガス自殺を計って入院した。家をとび出したミチはやがて陽二に惹かれていき関係をもった。
それから間もなく、ミチに悲しい知らせが届き、ますます生活が自堕落な方向へと向かう――

◎死んだように踊る無気力ダンス、不気味な「アウシュビッツごっこ」、突然のスラッシャー場面・・・不安と不穏と衝撃に満ちた一本。

◎わずかな活動期間で消滅した配給会社「大宝」が配給した5本の作品のうち1本。長らくネガ・プリントが行方不明のまま、再見不可能な幻の映画となっていたものの、山際監督の入念な調査の末、近年になって原版が発見された。

◎1960年代、当時の六本木に集まったヒップな若者達は“六本木族”と呼ばれていた。本作の原作を担当し出演もしている秋元マサミは“六本木野獣会”と呼ばれるグループの中心的人物であり、そこからは大原麗子、峰岸徹、井上順、ムッシュかまやつら、多数のスターを輩出した。

*山際永三・・・新東宝入社後、内田吐夢監督、石井輝男監督に師事し、1961年に本作で監督デビュー。その後、テレビ映画に活動の場を移し、「恐怖劇場アンバランス 」、「ウルトラシリーズ(帰ってきたウルトラマン、エース、タロウ、レオ)」等を監督する他、死刑廃止、人権擁護運動に関する執筆活動で知られる。


【スタッフ】
監督:山際永三
製作:佐川滉
原作:秋本マサミ
脚本:山際永三、山田健
撮影:岡田公直
音楽:林光、萩原秀樹

【キャスト】
星輝美、藤木孝、松原緑郎、松浦浪路、鳴門洋二、秋本マサミ

© EIZOYAMAGIWA

作品一覧へ