HOME > Title > 第三夫人と髪飾り

TCED-5024

第三夫人と髪飾り_ジャケ写表1-RGB.jpg

¥3,800(税抜)

第三夫人と髪飾り

愛憎、哀しみ、裏切り、希望-。移りゆく季節、色づく予感。女たちの思いが絡み合う。東洋の美を湛える秘境に語り継がれてきた、ある一族の運命に翻弄された出会いと別れのファミリーヒストリー。



■DVD版の予告編は こちら



ベトナムの世界遺産を舞台に、巨匠たちが才能を絶賛する新鋭監督がタブーに斬り込み、
絶賛と物議が入り乱れた衝撃のデビュー作。



第三夫人と髪飾10.jpg第三夫人と髪飾り_サブ1.jpg第三夫人と髪飾り_サブ3.jpg第三夫人と髪飾り_サブ6.png

【DVD特典】
 縮尺再編集版パンフレット

19世紀の北ベトナム。14歳のメイは絹の里を治める富豪のもとに、三番目の妻として嫁いでくる。穏やかでエレガントな第一夫人には息子がひとり、美しく魅惑的な第二夫人には娘が三人いたが、一族にはさらなる男児の誕生が待ち望まれていた。 やがて、まだ無邪気だったメイは、この家では世継ぎを産んでこそ“奥様”になれることを知る。若き第三夫人がやってきたことで静かな里はさざめきたち、女たちのドラマが幕を開けるのだった──。

舞台となる地は、2014年に世界遺産として登録され、世界中から観光客が訪れるベトナムの秘境ニンビン省チャンアン。輝く竹の翠、ランタンに灯る光、石を打つ雨だれの滴、女たちの纏うアオザイの色彩・・・、スクリーンには壮大な自然を背景に東洋の美が映し出されていく。
初夜の儀、甘美な秘めごと、禁断の愛など、エロティックな描写さえも絵画的な美しさを湛え、観る者を陶然とさせる。第一夫人のハにはトラン・アン・ユン監督作の常連で、妻でもあるトラン・ヌー・イエン・ケー。たおやかながら芯の強さを見せる、抑えた演技が光る。第二夫人スアン役のマイ・トゥー・フオンは、モデル出身で歌手としても活躍しており、冒頭の宴のシーンではその魅惑的な歌声を披露。そして第三夫人メイには映画初出演となるグエン・フオン・チャー・ミー。難しい役どころながら、メイの心の機微を見事に体現し圧倒的だ。また使用人のラオには『シクロ』『夏至』で知られる名バイプレーヤー、グエン・ニュー・クインが扮し、夫人たちを支えている。また、本国ベトナムでは物議を醸し、公開4日で上映中止となった衝撃作。

世界の巨匠たちがその才能を絶賛する新鋭監督アッシュ・メイフェア。 スパイク・リーが脚本に惚れ込み、 トラン・アン・ユン(『青いパパイヤの香り』『『夏至』『ノルウェイの森』)が美術監修をつとめた衝撃のデビュー作。


【スタッフ】
脚本・監督:アッシュ・メイフェア
製作:チャン・ティ・ビック・ゴック、アッシュ・メイフェア
エグゼクティブ・プロデューサー:ダン・ティ・ホアン・イェン、ダン・タイン・タム
撮影:チャナーナン・チョートルンロート
美術:ドー・チョン・アン
衣装:チャン・フオン・ターオ
作曲:トン・タット・アン
美術監修:トラン・アン・ユン(『青いパパイヤの香り』『夏至』『ノルウェイの森』)
字幕翻訳:原田りえ

【キャスト】
トラン・ヌー・イエン・ケー(『青いパパイヤの香り』『シクロ』『夏至』)
マイ・トゥー・フオン、グエン・フオン・チャー・ミー、グエン・ニュー・クイン、レ・ヴー・ロン

©copyright Mayfair Pictures.

作品一覧へ