HOME > Title > 台北セブンラブ

PADS-1014

台北セブンラブPADS-1014.jpg

台北セブンラブ

台北の若者の“今”と恋愛模様をリアルに描き出す台湾映画のニューウェーブ到来!


2014年、台北市は<2016年世界デザイン首都>に選ばれ、デザイン業界は沸き立っていた。ドロシー(アン・シュー)はかつての恋人バーズ(モー・ズーイー)に誘われ、上海を離れ台北のデザイン事務所で働くことに。進行中のデザインホテルの改装プロジェクトに加わる。ドロシーへの想いを断ち切れないバーズとクライアントのマークに迫られるが、フランスにいる元恋人を忘れられない。同僚は個性の強い人間ばかりだが、皆愛に飢えている。ホテルのデザインテーマは“愛”に決まるが、果たして無事“愛”はデザインできるのか。ドロシーが最終的に手に入れるのは、誰の愛なのか。

台北の若者の“今”と恋愛模様をリアルに描き出す台湾映画のニューウェーブ到来!
◎CM・MV監督としても知られ、現代台北を撮り続けるチェン・ホンイー監督による長編第三作目がとうとう日本上陸。
◎第51回金馬奨で最優秀新人賞と最優秀視覚効果賞にノミネート、第48回ワールドフェスト・ヒューストン国際映画祭で最優秀作品賞を受賞。
◎キャストには『目撃者 闇の中の瞳』のアン・シュー、『台北に舞う雪』のモー・ズーイー、『ブラインド・マッサージ』のホアン・ルー、『私の少女時代-OUR TIMES-』のダレン・ワン、『あの頃、君を追いかけた』のチウ・イェンシャンら台湾を代表する役者陣が集結した。
◎原題「相愛的七種設計」の直訳は「七種類の愛の形(デザイン)」となる。“設計”という中国語は“デザイン”と“罠を仕掛ける”という意味を持ち、まさに男女7人が繰り広げる愛と駆け引きのストーリーは、観る者を意外な結末へと導く。劇中のデザインにまつわる人生訓のような言葉も観る者の心に迫る。
◎監督が台湾のデザイナー達から協力を得て劇中に登場させた数々の洗練された小道具や美術品も見どころの一つ。またそれを象徴するスタイリッシュな本ポスタービジュアルは、数々の賞を受賞し、台湾初の女性総統となった蔡英文の選挙キャンペーンのビジュアルデザインを手掛けたことでも有名な聶永真(アーロン・ニエ)がデザインし、台湾で話題を集めた。

01.jpg001.jpg08.jpg02.jpg
©Red Society Films



【映像特典】

★台北電影節舞台挨拶・キャストインタビュー

【封入特典】

★劇場用パンフレット(縮尺版)
★葉天倫コメント映像

【スタッフ】
監督:陳宏一 チェン・ホンイー
エグゼクティブ・プロデューサー:魏瑛娟 ウェイ・インチェン、陳玉蓉 テレサ・チェン
プロデューサー:林富靖 リン・フージン
脚本:陳宏一 チェン・ホンイー、神小風 シェン・シャオフォン
撮影:胡世山 サム・フー
編集:陳宏一 チェン・ホンイー
美術:梁碩麟 リャン・ショウリン、陳炫劭 キャノス・チェン
衣装:張珮蓁 ジョイス・チャン
音楽:張午午 チャン・ウウ

【キャスト】
ドロシー:許瑋甯 アン・シュー
霸子(バーズ):莫子儀 モー・ズーイー
エマ:黃璐 ホアン・ルー
アンドリュー:邱彥翔 チウ・イェンシャン
マーク:白梓軒 トム・プライス
棋子(チーズ):陳語安 チェン・ユーアン
阿強(アーチャン):王大陸 ダレン・ワン

作品一覧へ