HOME > Title > 狂走情死考

DIGS-1045

狂走情死考表1.jpeg

狂走情死考

「夢を見ていたのかしら私たち・・・」 「夢を見てたんだ」


◆若松プロピンク映画としては初のフルカラー作品。1968年10月21日国際反戦デー、新宿騒乱から生み出された暴動と破壊、旧態依然とした家族構造、封建的男性社会、そして自立する女性の姿を見事に捉えた若松メロドラマの頂点的作品。同じく北へ向かうロードムービー『少年』(大島渚)の撮影と併行しながら行われたいわば〝双子的映画〟のため、大島映画常連俳優戸浦六宏が若松映画に初出演している。
脚本は日本赤軍に合流し、国際指名手配された経験を持つ異端の映画作家、足立正生(出口出名義)。
◆ロックバンド、サニーデイサービスの名曲「青春狂走曲」は本作にインスピレーションを受けて生まれた。
◆1970年代に大論争を巻き起こした「風景論」の萌芽的作品と言われている。




【セル・レンタル共通特典】

★デジタルラジオMUSICBIRD「若松孝二の映画撃て!」より、若松孝二と著名映画人による対談音声収録(対談相手:塚本晋也)

【セルのみの特典】

★2005年版DVD収録映像特典:若松孝二インタビュー

【スタッフ】
企画・制作・監督:若松孝二
脚本:出口出 ( 足立正生 )
撮影:伊東英男
音楽:山下武士
編集:具流勘助
照明:磯貝一
助監督:小水一男、秋山未知汚

【キャスト】
武藤洋子、吉沢健、山谷初男、美湖ひろみ、押田推敲、
桜田洋助、佐藤重臣、西村勝、戸浦六宏 他

作品一覧へ