HOME > Title > FAKE  ディレクターズ・カット版

PADS-1001

ジャケ写表1PADS1001確定.jpg

FAKE  
ディレクターズ・カット版

PADレーベル第一弾。「ゴーストライター騒動」で世間を賑わせた佐村河内守氏を追った話題騒然のドキュメンタリー映画。大ヒットロングラン公開となった衝撃作が劇場公開版に未公開シーンを追加した「ディレクターズ・カット版」となって遂にDVD化! 発売日:2017年3月2日
©「Fake」製作委員会

予告編はこちらをご覧ください 予告編


製作年度:2016年/本編109分+α(予定)
片面2層 / 画面サイズ16:9ビスタサイズ / 音声:リニアPCMステレオ2ch
リージョン2(日本)/ カラー / DVD1枚組
発売元:株式会社ディメンション、発売協力:ピカンテサーカス、販売元:ハピネット

【特典】
★セル初回プレス盤のみアウタースリーブケース入り
★セル用のみ劇場用パンフレット縮尺再編集版封入
・1.聴覚障がい者向け日本語字幕(セル・レンタル)
・2.英語字幕(セル・レンタル)


fake_sub1.jpg fake_sub2.jpg

fake_sub3.jpg fake_sub4.jpg
無断転載禁止 ©「Fake」製作委員会






【解説】

Fake/[féɪk]……偽造する。見せかける。いんちき。虚報。
虚偽とは?真実とは?あなたは、何を信じますか?誰を信じますか?
これは、ふたりの物語

『A』『A2』以来実に15年ぶりの森達也監督作。佐村河内守氏の自宅でカメラを廻し、その素顔に迫る。取材の申し込みに来るメディア関係者たち、ことの真偽を取材に来る外国人ジャーナリスト…。市場原理によってメディアは社会の合わせ鏡となる。ならばこの「ゴーストライター騒動」は、社会全体が安易な二極化を求めていることの徴候と見ることもできる。 はたして何が本当なのか? 誰が、誰を騙しているのか?
映画は、この社会に瀰漫する時代の病をあぶりだしながら、衝撃のラストへとなだれ込む。
FAKE(虚) とFAME(名声)の狭間には・・・ 

■佐村河内守氏をめぐる騒動について
聴覚障害をもちながら、「鬼武者」などのゲーム音楽や『交響曲第1番《HIROSHIMA》』を発表し、「現代のベートーベン」とまで称賛された佐村河内守氏。しかし「週刊文春」で音楽家の新垣隆氏が佐村河内氏との関係を告白、掲載翌日の会見で佐村河内氏のゴーストライターとして18年間にわたり作曲をしていたこと、佐村河内氏が楽譜を書けないこと、耳は聞こえており、通常の会話でやり取りしていたと語った。いっぽう、佐村河内氏は、主要な楽曲が自身だけの作曲ではないことを代理人を通じて公表し、後の会見でゴーストライター騒動を謝罪。しかし、新垣氏に対しては名誉棄損で訴える可能性があると語った。そして、その後はメディア出演を断り、沈黙を続けている。

■『FAKE』DVDがリリースされます。 森達也
現代は情報化社会だと多くの人が言う。あらゆる事象や事件や感情が、文字や映像などの情報に加工されながら流通する。その際に重要なことは、端数を切り捨ててわかりやすくするということだ。なぜなら端数に多くの人は興味を示さない。わかりづらければ他の商品に目を向ける。
こうしてグラデーションは捨象され、グレイは白か黒に強調され、事象や事件と感情はわかりやすく四捨五入されながら単純化されて、商品として消費される。
これに正面から抗うつもりはない。本を書いたり映像を撮ったりしている僕も、結局はこの構造から逃れられない。でも時おり思う。これで本当によいのだろうか。大切なことが抜け落ちていないだろうか。端数の領域にある小さな声や吐息を忘れてよいのだろうか。
発達したメディアは競争原理に背中を押されながら、世界を矮小化する。でも世界は僕たちが思うより、はるかに多面的で多層的で多重的だ。つまり豊かなのだ。それに気づくだけで、僕たちはもっと優しくなれるはずだ。

[スタッフ]
監督・撮影:森 達也
プロデューサー:橋本佳子
撮影:山崎 裕
編集:鈴尾啓太
制作:ドキュメンタリージャパン
製作:「Fake」製作委員会

作品一覧へ